ビーズアクセサリーや小物作りを楽しむ教室【つくるかい?】

今日の一目惚れ素材!ベネチアンビーズ

2018-09-20

ベネチアンビーズは、

ガラスの質感と、金属光沢の発色が組み合わさった芸術作品です。

 

その昔、ベネチアの島に職人を囲って、その製作技法は門外不出の秘密だったという。。。

憧れのビーズです☆

 

 

私のベネチアンビーズとの出会い(^_^)

 

 

私がベネチアンビーズに初めて出会ったのは、子供が幼稚園に通い始めた頃のことです。

 

幼稚園のお母さんたちの間でビーズアクセサリーが流行っていました。

 

 

そのお母さんたちの中でも特にお美しい!

ビーズアクセサリー作家でもいらっしゃるHさんの作品を、

複数のお母さんたちがつけていました。

 

 

*画像はイメージです。検索してお借りしました。

 

 

(長男が初めて通い始めたカトリック系の幼稚園でのことです。

その幼稚園は、子供に教具使った作業を通して教育するモンテッソーリを取り入れた幼稚園でした。いろいろ思い出深いです。)

 

 

そのHさんの作品には上質なベネチアンビーズが、よく使われていました。

その時は、素敵なアクセサリーと思うだけで、

ベネチアンビーズと言う名前も知りませんでしたが。

ベネチアンビーズと言う名前を知ったのは、

 

 

ビーズを習い始めて製作課題だった楽習フォーラムの講座のキットの中です。

 

 

*これは次受ける予定の講座の作品。

 

 

楽習フォーラムは、なかなか良い材料を使っています。

 

 

良い材料を使っているキットはそれなりに高価なのですが、ちょっと頑張って購入すると、レシピを見ながら素敵な宝物を完成させることができます。

 

 

 

 

初めて作ったのは竹ビーズで編んだスパイラルロープのネックレス。

 

留め具としてベネチアンビーズを使ったネックレスでした。

 

これはプレゼントしたり、色違いを作ったり、

材料を自分で買い揃えてまた何度も作ったりしました。

 

 

2つ目の作品は、やはり楽習フォーラムキット。

 

 

ビーズステッチ、ヘリンボーンステッチのラリエット

に贅沢にベネチアンビーズが使われていました。

 

 

 

 

10,000円越えの高級キットでしたが、

デザインの素敵さ、ベネチアンビーズの魅力に、

習ってる人がみんな作りたいと思う憧れの作品でした。

 

 

高価であるにも関わらず、リピ買いする人も結構いました。

 

 

ベネチアンビーズは、

ガラスの質感と、金属光沢の発色が組み合わさった芸術作品です。

 

 

 

 

質の良いベネチアンビーズは、日本ではなかなか手に入りません。

 

 

夢は、海外にビーズ仕入れツアーに行くことですね!

 

 

 

 

現実的になかなか行かれないので、

ベネチア、ヨーロッパビーズ仕入れ旅行、ちょっと妄想。

 

 

【ベネチアンビーズのツイストイヤリング】ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス Creema https://www.creema.jp/item/5871195/detail

これは、私作ったイヤリング

 

 

またなんか作ろっと(^_^)

 

 

一点一点手作りしています。

オーダー承ります。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

手づくりアクセサリー*

ユリシスボディジュエリー

体験、通常レッスン、認定講座、

スキルアップ オーダー制作、アーティスト育成しています。

出張、団体、親しいお友達だけでのプライベートレッスン、

マンツーマン等できる限りニーズにお応えします。

こちらのお問い合わせフォームから、

気軽に相談お問い合わせくださいませ。↓↓↓↓(^_^)

Copyright© 2016 佐久小諸 手づくりアクセサリー教室つくるかい? All Rights Reserved.